うつ病は抗うつ剤とカウンセリングで治せる

うつを学ぶ

薬

うつ病とは

うつ病は心の病気です。よく「心の風邪」という風にも例えられます。普段生活していく中で嫌なことに遭遇すると気分が落ち込むかと思います。これは誰もが日々経験していることです。大抵は気分転換を行うか時間が経つことで回復してくるものなのですが、うつ病の場合はこの気分の落ち込みが継続して襲ってきます。うつ病になると気分の落ち込みが続くうえに落ち込み方が激しくなるので社会生活に支障をきたすようになってしまいます。社会生活に支障をきたすところまで症状が進行してくると学校や職場に通うことすら困難になってくるため、休学・休職し抗うつ剤を服用して治療を行っていくことになります。

うつ病の症状

うつ病の症状は様々です。精神的なものとしては、悲しい気分になり気分が落ち込む、以前好きだったものや興味があったものへの興味や関心がなくなる、物事に集中できなくなる、物事を判断できなくなるなどがあげられます。また、心の不調が続くことで身体的な不調もあらわれ始めます。食欲がなくなったり、夜眠れなくなってしまったり、常に倦怠感を感じるようになったりという症状があらわれることが多いようです。抗うつ剤を継続して飲み続け治療を行っていくことでこれらの症状は改善していくことができますが、治療を行わずに放置していると症状が進行し、死ぬことを考え始めるようになります。ひどい時には実行してしまうこともあります。

日本のうつ病患者数

日本には現在95万人のうつ病患者がいます。うつ病は特殊な病気だと思っている人は少なくありませんが、これだけ多くの人がうつ病と戦っていることから、うつ病は特殊な病気ではないということがわかるかと思います。うつ病は誰でも発症する危険性のある病気なのです。ですが、やはり世間のうつ病に対するイメージをすぐに変えることは難しく、病院を受診するのにうしろめたさを感じる人が多いようです。うつ病の症状が出ているけど治療を行っていないということですね。そのため、潜在的なうつ病患者数も加味した場合日本のうつ病患者数は300万人をこえるのではないかと言われています。

うつ病の治療

うつ病の治療は抗うつ剤を使用した投薬治療とカウンセリングで行っていきます。また、休むことも重要になってくるので、仕事を休職するなどしてゆっくり心と体を休めます。うつ病の症状が落ち着くまでには時間がかかるので、根気よく治療を行っていくことが大切になってきます。

服用

女性とうつ病

抗うつ剤で治療を行っていくうつ病ですが、女性は男性に比べると2倍うつ病を発症しやすいと言われています。その原因は女性特有の脳の使い方にあるようです。女性がうつ病を発症してしまいやすい原因について詳しくみていきましょう。

悩む人

ストレスとは

うつ病の発症に大きく関わっている「ストレス」。ストレスが原因でうつ病を発症してしまったら病院で抗うつ剤を処方してもらい治療を行っていく必要がありますが、そもそもストレスとはどういったものなのでしょうか?

錠剤

身近な人が発症した場合

もし身近な人がうつ病を発症してしまったとき周りの人はどのように対応していけば良いのでしょうか?病院を受診させ抗うつ剤で治療を始めさせるなど、周りの人が行うべき対処や知っておくべきことについてまとめました。

樹木

うつ病の治療薬

うつ病などの精神的な病気の治療に使われる抗うつ剤。この抗うつ剤はかなり特殊な薬です。特徴を理解しておかないとうつ病の治療が思うように進まなくなってしまうので、抗うつ剤についてしっかりと学んでおきましょう。