うつ病は抗うつ剤とカウンセリングで治せる

  1. ホーム
  2. 身近な人が発症した場合

身近な人が発症した場合

錠剤

病院の受診を勧めよう

もし身近な人がうつ病を発症し、抗うつ剤などでうつ病の治療を行っていくことになった場合、周りの人はどう対応していけば良いのでしょうか?まず初めにやるべきことは病院を受診させることです。うつ病は抗うつ剤で治療を行っていきます。発症してしまった場合一日でも早く病院を受診し、抗うつ剤を処方してもらう必要があります。うつ病は自分では気付きにくい病気なので周りの人が気付いてあげて、病院の受診を促してあげる必要があります。うつ病で病院を受診するということに対してうしろめたさを感じる人もいるようなので、一緒についていくなどして、気軽に病院を受診できる環境を作ってあげると良いでしょう。

うつ病を正しく理解しよう

うつ病について正しく理解することも大切です。うつ病への理解を深めるということですね。よく、うつ病を発症してしまった人に対して「弱い」「甘えているだけ」という人がいますが、そういった人はうつ病について正しく理解できていません。うつ病は誰でも発症する可能性のある病気です。うつ病を発症する人は年々増加していて、日本には100万人近いうつ病患者がいると言われています。うつ病の患者はうつ病になった自分を恥じたり、責めたりする傾向があるといいます。そういったときにうつ病は誰でも発症する可能性のある病気だということを正しく理解していれば、「恥ずかしいことでもないし、自分を責める必要はないよ」と優しく諭してあげることができますね。それだけでうつ病を発症してしまった人の心はだいぶ楽になります。
また、うつ病は治るまでに時間がかかることと、治るまでにいくつかの段階があるということも理解しておきましょう。うつ病は抗うつ剤で根気よく治療を行っていけば治すことのできる病気です。諦めずに一緒に根気よく治療を行っていきましょう。