うつ病は抗うつ剤とカウンセリングで治せる

  1. ホーム
  2. ストレスとは

ストレスとは

悩む人

うつ病の原因

うつ病を発症してしまった場合、一日も早く専門の病院を受診し、抗うつ剤を服用するなどして治療を行っていくことが大切です。ですが、そもそも何故うつ病を発症してしまうのでしょうか?うつ病を発症してしまう一番の原因と考えられている「ストレス」についてみていきましょう。

ストレスってどんなもの?

ストレスは体や心にかかる不快な刺激のことを指します。そんなストレスには様々な種類が存在します。何か嫌なことが起こって落ち込んでしまうことで生じるストレスを「心理的ストレス」といいます。一番ポピュラーなのがこの心理的ストレスですね。他にも体のズレやゆがみ、姿勢の悪さが元となって生じる身体的ストレス、普段の食事や飲み物に含まれる成分が元となって引き起こされる科学的ストレスといったものがあります。また、気温や湿度の変化もストレスになると言われています。

ストレスは蓄積していくもの

このストレスがどんどん蓄積していって許容範囲を超えてしまうとうつ病を発症し、抗うつ剤などでの治療が必要になってきてしまいます。どれぐらいストレスを蓄積できるのかは人それぞれです。すぐにいっぱいになってしまう人もいれば、全然たまらない人もいます。これにはストレスへの耐性やストレスを解消する方法を持っているか、上手にストレスを解消できるかどうかが関わってくると言われています。

うつ病は治療できる

ストレスを上手く解消できずうつ病になってしまったとしても心配することはありません。うつ病は抗うつ剤で治療できます。また抗うつ剤を服用することで気持ちの落ち込みなどの症状を抑えることが可能です。もしうつ病の傾向があるなと感じたら専門の病院に足を運び、相談してみましょう。