うつ病は抗うつ剤とカウンセリングで治せる

  1. ホーム
  2. うつ病の治療薬

うつ病の治療薬

樹木

うつ病は抗うつ剤で治す

うつ病や不安障害といった心の病気は「抗うつ剤」と呼ばれる治療薬を使って治療を行っていきます。抗うつ剤を使って正しく治療を行っていけばうつ病は治すことが可能ですが、それには抗うつ剤についての正しい理解が必要になります。心の病気は体の病気と違って少し特殊な病気です。薬について正しく理解して、根気よく治療を進めていきましょう。

効果がでるまでに時間がかかる

抗うつ剤は服用し始めたからといってすぐに効果が出るような薬ではありません。抗うつ剤の効果が実感できるようになるまでには最低2週間は必要だと言われています。可能であれば一ヶ月は様子を見て効果を判断するようにしましょう。このことを理解していないと数日服用しただけで「この薬は効果が出ない!」と決めつけ、薬を変更してしまいます。いくら効果の見込める薬でも正しく服用しないと効果は出ません。なので最低2週間は服用を続け、経過を観察するようにしましょう。うつ病の症状がひどくなればなるほど早く楽になりたいという気持ちが先走ってしまい、抗うつ剤にすぐに効果を求める傾向にあるので注意しましょう。

抗うつ剤の副作用はすぐにあらわれ始める

効果があらわれるまでに時間のかかる抗うつ剤ですが、副作用はすぐにあらわれはじめます。これが抗うつ剤の厄介なところです。薬の種類によっても若干異なってきますが、抗うつ剤を服用していると眠気や吐き気などの副作用があらわれ始めます。また異常にのどが渇いたり、便通が悪くなったりします。これらの症状は服用してからすぐにみられるようになります。効果は出ないのに副作用ばかりあらわれるので最初は不安に感じるかもしれませんが、副作用は次第に落ち着いてきます。効果が実感できるようになるのと入れ替わりで落ち着き始めることが多いようです。このことを知らずに恐怖を感じ抗うつ剤の服用をやめてしまう人は少なくいので、このことをしっかりと理解しておきましょう。

薬の増減は少しずつ

抗うつ剤の量の調整はとても難しいものです。うつ病の症状が改善してきたからといって薬の減薬を焦ってしまうと症状が悪化してしまう可能性が高くなります。また、うつ病の症状がつらい、ひどくなってきたからといって増薬を焦るのもよくありません。この場合も症状が悪化してしまう可能性が出てきます。抗うつ剤の量の調整は「少しずつ」が基本です。焦って増減の量を多くしてしまうと、副作用やアクチベーションシンドロームの危険性が高まります。

服用をすぐにやめない

うつ病を治すには時間がかかります。そのため症状が改善してきたらすぐに抗うつ剤の使用をやめたがる人は少なくありません。うつ病には症状が落ち着く寛解という時期があります。この時期になるとうつ病の症状がほとんど出なくなります。多くの人は寛解に入るとうつ病が治ったと勘違いしてしまうのですが、寛解はあくまで薬のおかげでうつ病の症状が落ち着いている状態です。薬のおかげで落ち着いているだけなので、服用をやめると元に戻ってしまいます。実際にうつ病を再発する人の多くは寛解に抗うつ剤の服用をやめてしまった人だといいます。寛解という期間の存在を理解して、うつ病の症状が見られなくなった後も一定期間は抗うつ剤を服用するようにしましょう。